FC2ブログ

ダ・ヴィンチ・コード 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > ダ・ヴィンチ・コード

ダ・ヴィンチ・コード

イエスにまつわる謎を追う
息つかせぬアクションミステリー。


膨大なミステリーノベルを、
飽きさせぬテンポの良い
アクションミステリーに仕上げた
ロン・ハワードの手腕は見事。

主演のロバート・ラングドン教授を
演じるのはトム・ハンクス。

ルーブル美術館での
殺人事件という衝撃的な始まり。

ラングドン教授が謎解く
象徴学というビジュアルの学問は
興味深く、また、謎めいている。

オドレイ・トトゥ演じる
ヒロインの暗号解読官
ソフィー・ヌヴーと
ラングドン教授は
殺人犯の濡れ衣を着せられながら、
ソフィーの祖父であるルーブル館長
ジャック・ソニエールが
自らの死体でかたどった
ダイイング・メッセージを解くところから
物語は疾走する。

キリスト教にまつわる
謎と暗部、秘密結社、騎士団
そして、イエスの秘密など
刺激的でミステリアスな歴史的記号を
随所に散りばめながら、
アクションも盛り込み、
飽きさせない展開となっている。

特にダ・ヴィンチの描いた「最期の晩餐」に
込められた謎を紐解くあたりはゾクゾクしてくる。

クライマックスで真実が明かされ、
ラングドンとソフィーは別れるが、
ラングドンがラストに出合う真実は余韻深い。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム