FC2ブログ
ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > 2017プロ野球ヤクルトvsDeNA3回戦

2017プロ野球ヤクルトvsDeNA3回戦

シーソーを制するのはどっちだ?

ベイ濱口と
ヤクルト、オーレンドルフという
ニューフェイスピッチャー同士の先発。
エラーも絡み、ともに安定しない立ち上がりで
序盤は点の取り合いのシーソー。
同点で均衡。

ベイは6回に砂田を繰り出し、継投に入る。
砂田は3人でピシャリ。
ヤクルトも6回にルーキにピッチャー交代。
ノーアウト1塁2塁をベイは生かせず。

ベイ7回は新外国人パットン。
2アウトからフォアボールでランナーを出すも
後続を打ち取る。

8回もパットン。
2アウト2・3塁のピンチ。
三振で吠える。

9回ベイの先頭代打宮崎が
フォアボールで出塁。
1番桑原は三振。
ヤクルトピッチャーの石山がいい。
2番梶谷には外角中心。
最後は三振。
さあ、ロペス。
2アウトでどうか?
ロペスはヒット。
2アウト1・2塁。
さてさて、筒香。
まだ本調子ではないが…。
筒香は敬遠気味のフォアボール。
満塁で白崎。
覚醒なるか?
追い込まれて三振。
去年と変わらずか。

9回裏のベイは三上。
サヨナラのある嫌な感じ。
倉本のエラーも絡んで、
1アウト満塁で山田と勝負。
山田は三振。2アウト。
続いてバレンティン。
まだピンチが続く。
ショートゴロでアウト。
三上がよく抑えて、チェンジ。

延長に入った。
10回裏。
田中健二朗が満塁のピンチを作り、
須田がサヨナラ満塁ホームランを打たれて
ゲームセット。
チャンスに打てない。
エラーを重ねる。これでは勝てない。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム