FC2ブログ

奇跡の人(NHK) 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

奇跡の人(NHK)

いつもながら
峯田和伸に持っていかれる!


40年間何もしてこなかった
バカでロックな峯田和伸が
麻生久美子に一目惚れ。
麻生には目と耳に障害がある
子ども住田萌乃がいた。

バカやダメなヤツを演じさせると
圧倒的な存在感を放つ峯田。
気づくと、峯田の舞台や映画見てるんだよな。
ロックボーカリストにして、
舞台、映画、ドラマと
オンリーワン峯田和伸の存在感に引き込まれる。
峯田はいつも同じ感じの役だし
展開までも似ているが、
そこは良しとしよう。

このドラマで峯田と拮抗、
場合によっては食ったのが
住田萌乃の奇跡的な可愛さ。
見えない、聞こえない、話せない、
けれど住田が笑うと
みんなが笑顔になる。
その笑顔をこちらも見たくて
ドラマを追いかけた。

主な舞台となるのが
宮本信子が大家さんのアパート。
このアパートには中庭があって
峯田のバカさに引きずられて
自然な感じで店子が関わり合う。
やはり、宮本の大家さんがいい。
店子も個性的。
麻生の元旦那もヤンキーだが
実は結構いいヤツだ。
一番普通な麻生が
個性派の面々の中で
割りを食っていた気がする。

峯田のバカに悪態を突きつつ、
そのまっすぐさにハマっていく人々。
この辺りは、峯田の存在感と
住田の可愛さが、物語を動かしていると感じた。
佳作のドラマだ。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム