FC2ブログ
ホーム > > 蘇我氏ー古代豪族の興亡✓

蘇我氏ー古代豪族の興亡✓

そもそも蘇我氏とは何か?

大化の改新で敵役となった氏である。
表題にある豪族とは何か?
ウイキペディアによれば、
古墳時代・大和時代頃までの
地方の首長層、在地勢力を豪族と呼ぶ。
つまりは、古代の地域の勢力を言う。

本書のポイントは
蘇我氏は大化の改新以降も
氏として生き延びた、という点である。

文献を駆使しながら、その興亡を追う。

興味深かったのは、古代、朝鮮や中国との関わりが
密であった点である。
日本の朝庭を支える中心的氏であった蘇我氏は渡来人を抱え、
その知識や経験を武器に中枢にいたのである。
鎖国以降、海外との距離が広がったが、
古代はむしろ朝鮮や中国など
近隣アジアとの関わりは今以上に深かったと見られる。

もう一点、蘇我氏は
天皇家との婚姻関係によって
政権内におけるポジションを
高めていったことである。
これはのちの藤原氏も同じやり方を取っている。
海外の古代ヨーロッパでもそう。
これは執政の中枢に入り込む
定番のやり方だ。
スポンサーサイト
[ 2017/11/14 18:50 ] | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム