FC2ブログ

あん/河瀬直美✓ 本と映画とDVDはこれを見よ!

ほぼ1日1作品をめざしてレビュー!

あん/河瀬直美✓

「私たちはこの世を見るために、
聴くために、生まれてきた。
この世はただそれだけを望んでいた。
だとすれば、何かになれなくても、
私たちには生きる意味があるのよ」

樹木希林が語ったこの言葉がすべてを言い表している。
小さなどら焼き屋。
店長である永瀬正敏に
樹木希林はバイトで使ってもらえないかと申し出る。
この稀有な出会いから、物語は始まる。

あんを作る達人の樹木。
永瀬とあんを作るシーンは興味深い。
このシーンに
すべての思いが
込められている気がしてならない。

そして、樹木はハンセン病であることを知られる。
世間の声、そして……。

1996年までハンセン病は隔離政策がとられ
差別の助長となっていた。

映画に出てくる浅田美代子の声は
世間の差別の象徴だ。
自らの心に問いかける。

樹木はどら焼き屋での時間を
のちに楽しかったと振り返る。
この言葉の深さ。
何かになることを拒まれた人たちが
しかし、生きる意味がある、
というところにたどり着く。
この思いには言葉がない。
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム