FC2ブログ
ホーム > スポンサー広告 > ドライビングMISSデイジー/ブルース・ベレスフォード✓ホーム > 映画・DVD・TVプログラム・舞台 > ドライビングMISSデイジー/ブルース・ベレスフォード✓

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドライビングMISSデイジー/ブルース・ベレスフォード✓

これはどう老いていくかの物語。

ジェシカ・タンディ演じるミスディジーが
自宅の車庫から自動車を出そうとして
庭から転落するところから話は始まる。

紡績会社の社長である息子が
母親であるミスディジーのために
専属ドライバーとして
モーガン・フリーマン演じるホークを雇う。

頑固なデイジーは
ホークをなかなか受け入れようとしないが
ミスディジーの外出の横を
ゆっくり走るホークに折れて
車に乗ることにする。

ミスディジーはユダヤ人。
ホークは黒人。
この2人の20年にわたる交流を描いた物語だ。

さりげないエピソードに
時代や人種問題などもからめつつ
この物語はミスディジーの痴呆で終わりを迎える。

老人ホームにいるミスディジーを
ホークが訪ね、静かに語り合うシーンがラストだ。

車の転落からミスディジーの老いは始まっている。
ホークも最後には運転をあきらめる。
老い。そして、人生。

どう老いていくかという問いは
どう生きてきたかという問いでもあるのだ。
今という一瞬一瞬の重なりが
些細な毎日の重なりが人生であるのだ。

最後にミスディジーの言葉を受けて
ホークは言う。
「何とかやっていくのが人生です」
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

ミツ

Author:ミツ
神奈川県在住の
フリーランスコピーライター。
本と映画を中心に
1日1レビューをめざします。
できない日はごめんなさい。

リンク/画像について

リンク/画像に問題がある場合は
トラバかコメントで書き込みください。
削除いたします。

月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。